色々な趣味を楽しむ事が出来る時代になっています

いろいろなアウトドアの楽しみを知って好きになろう

古くからある音楽

ヒット曲がある演歌歌手

演歌歌手がキャンペーンのために地方のレコード店を回り歌う光景を見ることがなくなっています。地方回りをすることでヒット曲に結びつけていくパターンが王道であった時代が終わったことを物語ってる現実です。演歌歌手はヒット曲が1曲あれば息が長い歌手として芸能界で生き残っていけるといわれています。実際に最近ヒット曲に恵まれていない演歌歌手でも人気の歌番組に変わらず出演しているところを見るとまんざら嘘ではない話です。不思議なもので演歌に興味がない若い世代もある一定の年齢になると演歌を聞くようになります。知らず知らずのうちに口ずさむようになり日本人にとってはなくてはならない音楽ジャンルであることがよくわかります。

歌い継がれていく音楽

夜の繁華街に行くとスナックなどからカラオケで演歌を歌う人の声が聞こえてきます。接待のために演歌を覚える若いサラリーマンがいたりするなど、コミュニケーションをとる方法の一つとして利用されています。これも演歌が若い世代に歌い継がれていく要因です。歌唱力に優れた人が歌うことが多いジャンルです。一般人が歌うには難しい音程やイントネーションが曲の中にちりばめられています。だからこそ歌い切った後の気持ちの良さが残っていくジャンルといえます。海外にはない音楽ジャンルで今までもこれから先も長きにわたり日本で歌い継がれていくのです。美しい日本語が歌詞の中に登場する演歌は伝統文化としての地位を確立することができそうな気がします。